So-net無料ブログ作成
検索選択

競売の立ち退きから逃れる方法「不動産リースバック」~売却後も愛家に住み続けたい方必見!~ [今話題の不動産リースバックについて。]

住宅ローンに苦しめられ、住宅ローンアドバイザーとなった私のサイトにご訪問頂き、誠に有難うございます。



住宅ローンアドバイザー モザイク5.jpg





不動産売却ができないと分かった私が次に考えたのが、今話題の「不動産リースバック」というシステムです。









我が家が競売になってしまいそうだが、家族との思い出の詰まった愛家を手放したくない!






住宅ローンの支払いが辛いが、なんとかこのまま我が家で生活がしたい!







そんな想いのあるあなたは是非一度検討をされてみてはいかがでしょうか。








私がこの「不動産リースバック」を検討し始めたのは、職場のラジオで「不動産売却後も今の家に住み続けることが出来る!」という宣伝を耳にしたのがきっかけです。






そんなことが出来るのか!と衝撃を受けた私は、家に帰ってすぐに「不動産リースバック」について調べました。







まだまだ扱っている不動産会社は少ないみたいですが、徐々に広まりつつあるシステムのようです。それだけ私やあなたと同じで住宅ローンに苦しんでいる方がいるということなのでしょうかね。










では、「不動産リースバック」とはどういうシステムかといいますと↓



「不動産リースバック」とは、住宅ローンなどの支払いが困難になった債務者が、不動産売却の後に買主と賃貸契約を結び、売却不動産を使用し続けることができるリース形態。事務所など移転が難しい不動産をお持ちの方、介護や通学などの事情で転居を避けたい方にオススメの売却方式です。



↑と、書かれていました。









更に簡単にシステムをご説明すると↓



①不動産の所有権を第3者に移す(つまり一時的に売却する。)
            
               ↓

②所有権を取得した第3者と賃貸契約を結ぶ



これだけです。

※不動産売却時に交わす契約書に、「買主は本物件の所有権取得後、売主と賃料○○○○○円/月にて賃貸契約を結ぶことを条件に本物件を買い受けるものとする。」といった文言を付けます。また、数年後に買い戻す条件を付け加えての契約も可能です!








こうして「不動産リースバック」に興味をもった私は下記サイトからメールで問い合わせをした後、メールや電話でのやり取りだけではやはり不安がありましたので詳しいお話を聞くため会社まで伺いました。↓
★査定無料★立ち退き不要!の不動産リースバック★迅速対応★





担当の方は「不動産リースバック」のメリット・デメリットを大変丁寧に教えてくださったので、不動産リースバックを検討されるなら一度確認してみてください。↓
「不動産リースバック」のメリットとデメリット

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0